ガスの安全利用

ガス事故が無くなるよう、ガスの安全利用にご協力ください

ガス機器を使う時には、必ず換気を!

換気が不十分な状態であると不完全燃焼となり、有害なCOが発生し中毒になる恐れがあります。
ガス機器を使う時には、必ず換気扇を回すか、換気設備を動かして、換気を!給気の確保も忘れずに!

給気口は、新鮮な空気を補給する大切なもの。絶対にふさがないでください。
ガス機器の使用中に、イヤな臭いがしたり、目にしみたりしたら、ガス機器の使用を中止し、窓や扉を開けて空気の入れ替えをして、すぐに販売店に連絡してください。
厨房でガス機器を使用中は、必ず換気扇、排気ファンなどで換気を行ってください。
換気を行なわなかったことによる一酸化炭素中毒事故が発生しています。
ガスが燃焼するには新鮮な空気(酸素)が必要です。
空気が不足すると、不完全燃焼をおこし、一酸化炭素中毒の原因となり、死亡事故につながることがあります。
ガス機器を使用するときは、必ず換気扇を回すか、換気装置を動かし、換気をしましよう。

ガス機器・排気設備は日頃より点検・清掃、定期的なメンテナンスを!

排気フードやダクトに油やホコリがたまると火災や換気不足につながります。
日頃よりフード内の清掃をする!排気筒(煙突)の穴あき・はずれ・腐食(サビ)にも注意!
メーカーによる定期的な点検の依頼を!給気口も日頃から清掃を!

スノコの下のガス管も、要チェック!
厨房内のガス管は、調理で使用する水分や塩分・酸がついて、腐食しやすくなります。ガス管が腐食していないか、定期的に点検してください。スノコを敷いている場合は、ときどきスノコをあげて、ガス管を点検しましょう。腐食などが見つかったらすぐにガス機器の使用を停止し、ガス事業者に連絡してください。
ガス機器はもちろん、給排気設備のメンテナンスは定期的に。
排気ダクトは、普段から清潔に!
排気ファンのフード内は普段から清掃を心がけましょう。
ダクト内や換気扇についた油やホコリがたまると、ダクト火災の原因となります。また、ガス管をときどきチェックすることも忘れずに。厨房などでは水分や塩分・酸が付着して腐食しやすくなります。
万が一に備えて、COを検知する警報器の設置を!
万が一のガス漏れや、不完全燃焼によるCOが発生した場合、ランプと警報音でお知らせします。
(ガスの種類によっては、ガス警報器とCO警報器をそれぞれ設置する必要があります。詳しくは足利ガスへお問い合わせください。)

メールでのお問い合わせはこちら