ガスコージェネレーションシステム

「ガスコージェネレーションシステム」とは?

ガスコージェネレーションシステムとは、ガスを使って電気と熱を取りだし、利用するシステムのことです。
ガスで発電すると同時に、廃熱を給湯や空調、蒸気などの形で有効に活用するためムダがなく、
クリーンでエコなエネルギー活用が可能になります。
商業施設やオフィスの厨房や給湯、空調にも使われているほか、工場などの産業用の利用として、
主に蒸気や温水ボイラーの熱源として活用されております。

「ガスコージェネレーションシステム」のメリット

メリット1 環境保全性
ガスコージェネレーションシステムはクリーンな都市ガスを利用するため、環境保全に役立ちます。 CO2の排出量も大幅に削減します。
メリット2 省エネルギー
従来の「集中型発電方式」とは異なり、排ガスや冷却水から廃熱を回収し、給湯や空調などに利用するため、一次エネルギーの70〜90%が有効利用されます。
メリット3 省コスト
ガスコージェネレーションシステムによる常用発電設備を備えると、契約電力を低くすることができ、基本料金が下がります。ガスでの発電量に応じて買電量が減ることから 従量料金も下がり、電力料金を削減できます。
メリット4 エネルギー供給信頼性
ガスコージェネレーションシステムの設置により、商用電力との併用が可能になるため、電力の二重化、安定化を図ることができます。

分散型発電は究極の節電対策

従来のような大規模集中型の発電から、コージェネレーションによる分散型発電にすることで、
発電ロス、送電ロスを減らして、省エネルギーに貢献できます。

豊富なシステムでエネルギーと廃熱を最大限に活用できます

コージェネレーションで発電するときにできた廃熱は、「蒸気」「給湯」「空調」などに利用することができ、エネルギーを余すことなく使えるため効率的です。

停電時も電力を使え、電源セキュリティが向上します

万が一、停電になった場合もコージェネレーションにより、ガス供給が継続されている限り、重要負荷へ長時間、安定した電力を供給することが可能です。(※停電時に起動することができる設計をする必要があります)

導入実績

ガスは私達の暮らしの中で様々な分野で活躍しています。
ご家庭の台所からオフィスの冷暖房まで、ガスはいろいろなところに使われています。
これからは、発電などのコージェネレーションシステムにその利用は広がってゆきます。

メールでのお問い合わせはこちら